日本円が円高の理由(3)ドルもユーロもダメという消去法

アリメカの金融危機、ギリシャ危機と続き、世界中の投資家は「ドルもユーロもダメ・・・」と考えました。

そうなると、次は円です。

つまり、現在の円高は円が高く評価されたというよりは、ドルやユーロを持っていても下がってしまうので、消去法として円が選ばれているという状態なのです。

ドルやユーロを円に変えるという動きが広まったので、結果的に円高が進んだということです。

とりあえず、不安が大きいドルとユーロが復活するまでは、円を持っていようという投資家たちの行動心理が働いているのです。

つまり、経済は世界中でつながっているため、価値が下がる通貨(ドル・ユーロ)があれば、価値が上がってしまう通貨(円)があるということです。

そして、とうとう通貨安戦争が勃発します。

通貨安戦争が勃発!2010年8月、アメリカが170兆円の金融緩和に続く »

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
  
©2011~ 為替をめぐる通貨戦争 all rights reserved.
当サイトのテキスト・デザイン・画像・コンテンツ・構成の無断転載、複製(コピー)は一切禁止させて頂きます。