日本円が円高の理由(1)アメリカの金融危機

日本円が1ドル80円台前半という円高になったそもそもの始まりは、2008年のアメリカ金融危機がきっかけです。

2008年9月、リーマン・ショック

2008年9月、投資銀行リーマン・ブラザーズの破たん(リーマン・ショック)をきっかけに世界的大不況が勃発。

リーマン・ブラザーズのような大手でさえ潰れてしまうのだから、アメリカのドルは大丈夫だろうか?」と不安が世界中で広がりました。

そして、「ドルは持ってない方がいいかもな・・・」と思う人が増えていきました。

その結果、アメリカの信用が落ち、ドルの価値が下がった、つまり、ドル安状態になったのです。

なんとかしてお金を増やしたいと考えている世界の投資家は、アメリカのドルでお金を持っていると、ドルが下がってしまうから損をすることになってしまいます。

そこで、投資家たちは「アメリカドルではなく、他の国のお金を持とう!」と考えました。

その結果、アメリカドルを売って、ヨーロッパのユーロを買う投資家が急増しました。

しかし、そんなヨーロッパでも大きな危機が潜んでいたのです・・・。

日本円が円高の理由(2)ヨーロッパのギリシャ危機に続く »

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
  
©2011~ 為替をめぐる通貨戦争 all rights reserved.
当サイトのテキスト・デザイン・画像・コンテンツ・構成の無断転載、複製(コピー)は一切禁止させて頂きます。