借金を合法的に減らす方法を教えます!

最初は「少しだけだから・・・」と軽い気持ちで使ってみたカードローン。

そのうち、金欠になったらとりあえずカードローンで借りて凌ぐということが習慣に。

気づいたら返済できるかどうか分からないくらいの額を借りてしまった・・・。

もう、返済できない・・・借金の額を減らしたい。。

こんな感じになってしまっても、安易に自己破産とか選ばない方がいいですよ!

確かに、借金はなくなるかもしれませんが、その後の社会は冷たいですよ。。

自己破産した情報は金融機関などが参照する信用情報から7年で消えると言われています。でも、7年って長いですよ。。

7年間、引っ越す時やクレジットカードを作る時に「過去に自己破産した人」という目で見られます。そして、クレジットカードも新規で作れません。

当然、カードローンなどでお金を借りることもできなければ、住宅ローンも組めません。

さらに、信用情報から自己破産したことが7年で消えたとしても、官報という国が発行する機関紙に名前と住所が乗ります。

この官報は普段は意識しないかもしれませんが、図書館にずーと保管されるので、見ようと思えば誰でも見れてしまいます。

結婚する時に、相手の親や親類に官報をチェックされる可能性もあります。

さらに、最近はインターネットが発展しているので、官報がネットで見れたり、全文検索できるサイトなどもあります。

つまり、金融機関が参照する信用情報から7年で自己破産した情報が消えるだけであって、自己破産したという事実は永遠に記録として残るということです。

さらに、記録だけでなく、アナタの心の中に記憶としても残ります。

借金を踏み倒したという事実が、これからずーとアナタの心を大なり小なり苦しめることになります。

そんな負い目を追いながら、生きて行くのって辛いですよね。。

だから、できるだけ自己破産はしないで借りた借金は全額返済する方向で考えた方がいいです。

7年で信用情報から自己破産した情報が消えることにフォーカスするのではなく、7年かけて完済する方にフォーカスした方が長い目で見たら利口です。

そこで、自分では返済できないくらい借金が増えてしまった人が、完済するコツをこれから説明します!必ず最後まで読んで下さいね。

抱えてしまった数百万円の借金は住宅ローンのように長期目線での返済を目指す!

住宅ローンに比べたらあなたが抱える借金なんて小さいですよ!

あなたが200万円とか300万円の借金を抱えているとします。

でも、よーく考えてください。

世の中には年収500万円のサラリーマンでも3500万円の住宅ローンを毎月コツコツと支払っている人が数えきれないほどいます。

中には5000万円以上の住宅ローンを抱えている人もいますからね。

こういった人たちは、だいたい30〜35年かけて住宅ローンを返済します。会社勤めを引退する定年に合わせて完済を目指すプランにしているんです。

3000〜5000万円の住宅ローンに比べたら、あなたが背負った数百万の借金なんてたいしたことないですよ。

まずは、このように考えて下さい。カードローンの借金なんて住宅ローンに比べたら小さいもの。

このようなメンタリティを持つことで、完済に対して前向きに考えることができます。

ただし、カードローンで作った借金と住宅ローンには大きな差があるのも事実です。

それは金利です。住宅ローンは借りる額が大きいので、そのぶん金利も低くなっています。変動で2%、固定で3%ほどと非常に低い金利でお金を借りることができます。

一方、カードローンの金利は、高い人だと18%と非常に負担が重いです。

人によっては、返済が利息分だけになってしまい元本が全く減らない・・・と悩んでいる人もいることでしょう。

でも、合法的に金利を下げる方法があります。

金利が下がるということは、利息が減るということなので、結果的に借金を減らすことができるということです。

毎月の返済で、利息だけでなく、元本を減らすことができるということです。

では、次に合法的に金利を下げる、つまり合法的に借金を減らす方法を紹介します!

借金を1本化して金利を下げる!

複数の借金を1つにまとめることで金利を下げられることがあります!

借金の金利を下げる方法は1つしかありません。

それは、複数の借金を1つにまとめる(1本化する)ことです。

基本的に、金融機関でお金を借りる場合、借りる額が大きいほど低い金利で借りられます。

5万円借りるより50万円借りた方が金利は低くなります。50万円借りるより500万円借りた方が金利は低くなります。

金融機関からしてみると、利息をたくさん払ってくれ、かつ、ちゃんと完済してくれる人は「良いお客さん」なのです。

50万円借りるより、500万円借りた方が通常は返済期間が長くなります。つまり、長く安定して利息を取れるというメリットが金融機関にあるわけです。その最たる例が住宅ローンです。

住宅ローンは30〜35年という長い期間、毎月のように利息を払ってもらえるので、銀行からしてみると長期に渡る安定した収益なのです。

カードローン会社もそれと同じで、10万円を半年で返済するお客よりも、500万円を5年かけて返済してくれるお客さんの方がありがたいのです。

ありがたいので、そのぶん金利を下げて貸し出します。

つまり、多くの額を借りてくれて、しっかり完済してくれるお客は金融機関からしてみると優良顧客ということです。

優良顧客には通常の顧客よりも金利を下げて貸し出すのが通例です。

これが、借金を1本化すると金利が下がる理由です。

借金を1本化する場合によく使われるのが「おまとめローン」です。

もし、アナタが4社から借りていて、金利の平均が17%だとしたら、それを「おまとめローン」することで、金利が13%ほどに下がる可能性があります。

何度も言いますが、金利が下がるということは、利息をそのぶん減らせるということなので、借金のトータルの額も減るということです。

これが合法的に借金を減らす方法です!

では、おまとめローンできる金融機関を紹介します。審査が柔軟な会社から紹介しています。

おまとめローン会社
会社名 融資額と実質年率 特徴
中央リテール
融資まで早いので急いでいる人にオススメ

最高500万円まで

10.95%〜13.0%
他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。

審査は最短2時間、融資は最短1日。
相談窓口の担当者は全員が国家資格取得者。
無理のないゆとりのある返済計画のご提案。
イオン銀行のネットフリーローン
30万〜700万円

4.8%〜13.5%
来店不要。
300万円まで年収確認書類が原則不要。
使いみち自由。資金使途を問わず、まとまった金額の融資が可能。
東京スター銀行 おまとめローン
30万〜1,000万円

5.8%〜14.8%
来店不要で保証人不要。
毎月しっかり返済できる金額を設定。
早く返済できるようなプランも設定可。
最大借入期間は10年。
正社員・契約社員・派遣社員で年収200万円以上の方限定。

今よりも金利が低い銀行カードローンで全額を借りるのもあり!

金利が低い
銀行カードローンで借金総額を借りて乗り換えるという方法も!

「おまとめローン」を使わずに、借金を1本化する方法もあります。

それは、金利が低い銀行カードローンで今の借金総額と同額を借りるという方法です。

たとえば、あなたが4社から200万円を借りていたとします。平均金利は17.5%とします。

このケースで、銀行カードローンで金利14%で200万円を借りて、4社の借金を全て返済してしまえば、200万円の借金に対する金利を下げることができます。

しかも、銀行は貸金業者ではないため、総量規制の対象外となり、年収の3分の1以上の額を借りることができます。

ただし、銀行カードローンの唯一の弱点は審査がけっこう厳しいことです。

少なくても、プロミスやアコムのような貸金業者よりも厳しいと考えるべきですし、審査時間もそれなりにかかるかもしれません。

自分の属性に自信がないなら、上で紹介したおまとめローンの「中央リテール」が審査の柔軟さという意味では一番だと思います。

基本的に、「銀行=審査が厳しい」と思って間違いないです。銀行員ってお硬いですからね。。

低金利が売りの銀行カードローン
会社名 実質年率/
最高融資額
特徴
スルガ銀行 »
3.9%〜14.9%

800万円
最短1分スピード回答、30分で契約完了。
平日昼までに契約完了なら夕方までに融資可能。
申込はWeb完結、来店・書類の郵送不要。
500万円までなら収入証明書が不要。
月3000円からゆとりの返済。
ジャパンネット銀行 »
2.5%〜18.0%

1000万円
300万円まで収入証明書が原則不要。
ジャパンネット銀行の口座をお持ちなら融資最短60分。
初めての人は30日間無利息。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
イオン銀行 »
3.8%〜13.8%

800万円
300万円までなら運転免許証や保険証といった本人確認書類のみで申込可能。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
専業主婦でも旦那に収入があれば申込可能。