融資は地方銀行だけではありません。ビジネスローンという選択肢も有ります!

資金繰りが苦しいので、地方銀行で融資をお願いしたけど、審査に通らなかった・・・。

こんな会社は少なくありません。

「晴れの日に傘を貸して、雨の日に傘を返せと言うのが銀行」とよく言いますが、時期や景気によって融資基準が厳しくなるのが銀行というものです。

銀行は実は時期によって融資に対する姿勢が違います。

融資に力を入れる時期とそうじゃない時期があります。そういう意味では、審査に通る通らないは時代の流れや運もあるかもしれません。

審査に落ちても落ち込んでいる暇はありません。社員のためにも会社を稼働させ続けなければなりません。

地方銀行の融資審査に落ちた会社の次なる融資先としてはビジネスローンをオススメします。

銀行ほど審査は厳しくありませんし、多くの中小零細企業は利用しています。

ビジネスローンの金利は地銀と比べると多少高くなりますが、基本的に「金利が低い=審査が厳しい」「金利が高い=審査が柔軟」というのが融資の世界のルールです。

事業性資金でも保証人や担保なしで借り入れできるので、ビジネスローンの利便性は非常に高いと思います。

審査スピードも地方銀行よりも早いので、急いで資金を用意しなくてはならない会社にオススメです。

ビジネスローンの特徴

来店不要で書類郵送のみで審査可能です。

ビジネスローンは地方銀行の融資審査のように、面倒くさくないというのが一番のポイントだと思います。

来店も必要ありませんし、必要書類を郵送するだけで審査してもらえます。

面倒じゃないぶん、審査も早い。その結果、融資までも早くなります。最短で審査の翌日には融資可能です。

つまり、ビジネスローン側がそれなりのリスクを背負っているというビジネスモデルなので、そのぶん金利は地方銀行よりも高くなります。

また、融資額も新規では最大500万円までと大口になっています。

これほどのお金が無担保・無保証で借りられるのですから、お金を借りたいなら利用しない理由はありません。

ビジネスローンのような事業性資金は総量規制(融資額は年収の3分の1までという規制)の対象外なので、借り手の年収に依存しない借り入れになります。

取引先の信頼を失わないためにも、社員の給料を払うためにもすぐにお金が必要という会社なら、ビジネスローンは選択肢の1つとなります。

ビジネスローン
ビジネスローン 実質年率と融資額 特徴
ビジネクスト »
◎実質年率
8.0%〜15.0%(融資額100万以上)
13.0%〜18.0%(融資額100万以下)

◎融資額
1〜1000万円
最短即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
原則1000万円まで無担保・保証人なし。
事業資金の範囲内なら自由に利用できる。
申込から融資まで来店不要。
ビジネスパートナー »
◎実質年率
9.98%〜18.0%
※現在、最大45日間無利息キャンペーン中

◎融資額
50〜500万円
申込から契約まで来店不要。手続きは郵送で完了。
保証人や担保、手数料は不要。
書類が揃えば最短1日で審査結果をお伝え。

地方銀行は生き残りをかけて必死

銀行は生き残りをかけて競争激化になっている。

いま、地方銀行は生き残りをかけて必死です。

競争激化で再編・合併が相次いでいます。

競争激化の背景には、日本の人口減少や高齢化があります。

労働力人口が減少するので、都心はまだよくても地方は大変です。

また、相続年齢に相当する40代後半〜60代後半の2000万人が都心に集まっているので、今後、相続を通して地方から都心への資金の大移動が起こります。

三井住友信託銀行の調査だと、今後20〜25年で預金をコアとした金融資産が20%以上も減るそうです。

今後、地方から都心へと資金移動が盛んになることが予想されるので、地方銀行は今から対策に熱心なんですね。

たとえば、地方だろうと都心だろうと関係ないインターネット銀行に力を入れたり、他社よりも高い金利で預金を集めたり、高利回りを期待できる海外ファンドへの投資を拡大したりなどなど、様々な施策を練っています。

さらに2016年2月からマイナス金利となり、銀行の収益を大きく圧迫すると言われています。

地銀、メガバンク問わず、今までの銀行は国債を買っていれば、利ざやを得ることができました。

しかし、マイナス金利後はこの手法で利益を得ることができなくなるので、他の投資先や融資先を探さねばなりません。

また、フィンテック(ITを駆使した金融サービス)の台頭により、今後は銀行のライバルは銀行だけでなく、IT企業もライバルになります。

都市銀と地銀は重厚長大産業への融資のために株式の持ち合いなどもしていましたが、今はそれも解消傾向にあり、銀行の本当の実力が試される時代になってきています。

今後はますます再編・合併の動きや外資からの買収という動きが増えてくるかもしれません。

ちなみに、地方銀行から融資を受けるには、日頃から営業担当者とのコミュニケーションをとって、信頼関係を築いていくことが大切です。

また、融資申込の際には、その店舗の支店長と直接話す機会を持つとさらに良いです。

でも、ビジネスローンだったら、そんな面倒なことをしなくてもOKです。来店不要で書類だけで審査してもらえ、早ければ審査翌日に融資してもらえます。


一部上場企業アイフルのグループ会社 »