こっそり儲かっている中小企業の広告戦略

中小零細企業にとって、広告は生命線になります。

なぜなら、まずは広告を使って顧客名簿を作る必要があるからです。

その顧客名簿に対して、リピート購入してもらうのです。

広告と言うと、新聞広告、雑誌広告、そしてテレビCMを思い浮かべるかもしれませんが、これらは膨大な広告費が必要となるので、中小企業にとっては現実的な選択肢ではありません。

では、どんな広告を選ぶべきなのか?

費用対効果が高い形でこっそりと顧客名簿を増やし続けている中小企業の社長が採用している広告Yahoo!リスティング広告です。

Yahoo!リスティング広告はインターネット広告です。

インターネット広告のメリットとして、マス広告より圧倒的に安い広告費で済み、広告がクリックされた時だけ広告費がかかるので、広告効果が計測しやすいということがあります。

Yahoo!リスティング広告には検索連動型広告「スポンサードサーチ」興味関心連動型広告「インタレストマッチ」の2種類がありますが、儲かっている会社はどちらも効果的に使っています。

検索連動型広告「スポンサードサーチ」

検索連動型広告「スポンサードサーチ」とは、その名の通り、インターネットユーザーがYahoo!やGoogleといった検索エンジンで検索した際に、1ページ目の上部に表示されるテキスト広告のことです。

インターネットユーザーが検索エンジンで検索するということは、キーワード(言葉)を入力して何かを探しているということです。

そのキーワード(言葉)があなたのビジネスと関連性が高いなら、そこに広告を出せば、どう考えても良質な見込み客を自社のホームページに誘導できます。

たとえば、あなたが横浜でマッサージ店をやっているとしたら、ユーザーが検索エンジンで「マッサージ 横浜」と検索した時に広告を出せれば、ユーザーの探しているものとあなたの提供するサービスのマッチングはバッチリです。

このように、自社のサービスと関連性の高い検索キーワードを何個もピックアップし、そこに広告を出すことによって良質な見込み客を集めることができます。

検索エンジンといえば、Yahoo!とGoogleの2つがありますが、物を買うユーザーが使っているのは圧倒的にYahoo!(ヤフー)です。

GoogleはITリテラシーが高いユーザーが使っているので、物を買うためというよりも、調べ物をしているユーザーが多い傾向があります。

ですから、検索連動型広告を出すなら、Yahoo!(ヤフー)に出すようにしましょう。

興味関心連動型広告「インタレストマッチ」

興味関心連動型広告「インタレストマッチ」とは、インターネットユーザーが過去に見たサイトの履歴から、そのユーザーの興味関心を分析し、そのユーザーが興味を持っていそうな広告を提示する広告です。

たとえば、あなたが数日前に旅行のサイトを見ていたとします。

すると、朝日新聞や読売新聞などのサイトでニュースを見ているときに、旅行関連の広告が表示されます。

この興味関心連動型広告は昨今すごく注目されている広告です。

というのも、検索連動型広告よりも参入している広告主が少ないので、現状では費用対効果が良いからです。

儲かっている会社がこっそり採用している広告なのです。

ですから、多くの会社がこの広告を使い出す前に、興味関心連動型広告「インタレストマッチ」を使って効率よく見込み客を集めましょう。

実際、使ってみれば分かると思いますが、既存の広告がバカらしくなるほど低コストで見込み客を集めることができます。

社長、経営者、個人事業主が持つべきクレジットカードに続く »

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加