経営における差別化とは?

経営の話をする時に、良く出てくる「差別化」という言葉。

しかし、この言葉の本当の意味を語れる人は意外と少ないのが事実です。

経営における差別化とは、競争力が強い会社と同じことをしないことです。

もしくは、あなたの業界で常識となっている考え方で経営を進めないことです。

多くの会社は、競争力の強い会社の真似をしている意識がなくても、結果的に真似ている、つまり差別化できていない状態にあります。

なぜなら、特別な対策を取らずに、業界の常識にのって仕事を進めているなら、それは結果的に競争力の強い会社、昔から存在している歴史のある会社の真似をしていることと同じだからです。

もし、あなたの会社の業績が良くないのならば、社長の差別化能力が劣っている結果だと思って、しっかりと差別化について考えるべきです。

市場規模が大きいところは狙わないに続く »

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加