利益が出ている時こそ経営に革新を

どんなに売れている商品でも寿命はあります。

徐々に売上げは落ち、商品によっては完全に姿を消す場合もあります。

なので、今までの商品だけにしがみつくのではなく、常に経営に革新を加えることが必要です。

また、取り巻く環境が変われば、一気にルールが変わり、売上げは落ちる可能性も充分にあります。

利益が多く出ている時は、そんなこと考える必要性を感じないかもしれませんが、利益が出ている時こそ次の革新を考えるようにしましょう。

なぜなら、利益が出ている時の方が気持ちに余裕があるでしょうし、革新には少なからず資金が必要になるからです。

景気がよい時には資金も調達しやすいですが、景気が悪くなると資金調達は難しくなります。

毎年、計画を立て、革新に取り組むことが大切です。

差別化成功のために強い競合他社に情報を流さないに続く »

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加