強い会社(大手)の商品戦略

強い会社の戦略を知っておくことも大切です。

強い会社は多くの人が使用する市場規模の大きな商品を重視します。

多くの人が使用するということは、多くの会社や多くの大衆を対象にした商品ということです。

そのためには、日本全国どこでも自由に運ぶことができる商品でなくてはなりません。そして、保管しやすいことも重要です。

弱者は市場規模の成長予測が大きな市場に参入するな

また、よくセミナーやテレビのニュースなどで、今後の景気見通しについて語っていることがあります。

これから数年後に伸びる商品についての話なのですが、その商品の市場規模の成長予測が大きければ大きいほど、小さな弱い会社は参入してはいけません。

これは、つまり、大きな会社と同じ土俵で戦うという選択をしたことになります。

市場規模が大きいというと、ビジネスチャンスのように聞こえるかもしれませんが、強い大きな会社がその市場を放っておくわけがないからです。

また、1回あたりの取引金額が大きな商品や、不動産が絡んだ開発も強い大きな会社が扱う商品となります。

小さな会社は、市場規模が大きな商品、1回当たりの取引が大きな商品、不動産などの期間が長くなる事業には手を出してはいけません。

強い会社(大手)の地域戦略に続く »

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加