経営の目的とは?

利益が出るのは、顧客が持っているお金と自社の商品やサービスを交換した時のみなので、経営の目的とは利益発生源の顧客を創り出し、その数を多くすることです。

もっと言うと、その顧客の数を競合他社と比較して、自社のシェア(市場占有率)を知ることから始まります。

つまり、経営の目的とは、顧客をできるだけ多く増やし、シェア(市場占有率)1位の地域か業界、商品を創り出すことです。

特定の地域、もしくは客層に、得意先を集中して創ることが大切です。

シェア1位の会社とそれ以外の会社の作戦の違いに続く »

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加