起業・開業・独立するために知っておくべきこと

サッカーで勝つにはサッカーで勝つためのルールやセオリーを知る必要があります。

将棋で勝つには将棋で勝つためのルールやセオリーを知る必要があります。

同様に起業・開業・独立でも勝つための、つまり失敗しないためのルールやセオリーを知ってからスタートする必要があります。

勢いではじめてしまうということは、敗戦率の高い試合に望むのと同じということです。

どうせ勝負をするなら、勝つ確率を高めてから望みたいですよね。

知らないで損することって意外と多いのです。

当サイトではこれから起業・開業・独立しようと考えている人が、最低限知っておくべきことを12個のポイントにまとめてあります。

当サイトで勝つ確率を上げてから、起業という勝負に挑んでください!

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加

失敗する確率を下げるために知っておくべきこと12のこと

  1. 起業で一番の失敗とは?
    身の丈を知って起業・開業・独立をしていれば、ほとんどは「失敗」ではなく、「経験」にしかならないと私は思います。

  2. 他人に迷惑をかける失敗とは?
    起業・開業・独立で一番怖いのは、お金がなくなると、クレジットカードやキャッシングで生計を立てようとすることです。

  3. 借金をするビジネスモデルが一番怖い
    ビジネスモデルの設計が間違っているから、借金せざるを得ないのであり、運転資金がショートするということは、もうすでにビジネスモデルを改善しなくちゃいけないタイミングだということです。

  4. 起業ブームに踊らされるな
    「誰でも低コストで片手間でできる」のなら、その市場にはたくさんの人が参入し、参入者が増えれば増えるほど、その仕事には価値がなくなっていきます。

  5. 失敗しないために失敗から学ぶ
    失敗には避けられる失敗と避けられない失敗があります。起業の先輩達と同じ失敗を繰り返さないために、過去の失敗から学ぶことは効果的です。

  6. 起業に向いている人
    起業に向いている人とは「お金が好き」「わがまま」「目立ちたがり屋」な人です。

  7. 好きなことで起業した人が気を付けること
    好きなことで起業した人は24時間仕事ばかりの生活になり、忙しくなればなるほど資金繰りや自分のスキルアップについて考える余裕がなくなります。

  8. 後払いより前払い
    クライアントや取引先に対し、「後払いじゃなくて、前金でお願いします。」と言うぐらいの強い交渉力が必要です。

  9. 起業当初はまずキャッシュ(現金)を追う
    粗利が7〜8割あればビジネスに余裕や自由度が生まれるので、頭が悪く経営の才能がない人でも、経営能力がない人でも資金繰りができるようになります。

  10. 資金繰りが上手くいく起業のステップ
    起業の第1段階で重視すべきことは、粗利の高いビジネスを探すことです。ですから、最初は市場規模は小さくても、粗利が大きいところから始めます。

  11. 半年で100人の顧客獲得を目指す
    起業・開業・独立して半年は、顧客(お客さん)にモノやサービスを売る時期ではなく、顧客を買う時期と考えた方が上手くいきます。

  12. 費用対効果が一番高い広告はヤフーの検索結果トップ
    広告費が増えたということは、買ってくれそうな見込み客がたくさんホームページにやってきたということです。

かっこいい英語 海外ニュースサイトから、かっこいい英語・英単語をご紹介

美肌作り