経済圏は2つになった!

昔は経済圏は1つしかありませんでした。

しかし、今の時代、経済圏は2つあります。

1つ目は昔からあるリアルの経済圏。2つ目はインターネット経済圏です。

ひと昔前では信じられないことですが、リアルの店舗の数よりインターネット上での店舗の数の方が多い時代になったのです。

あるスニーカー好きの人が次のように言っていました。

まず、リアル店舗の某大手スニーカー店で気になるスニーカーを試着して自分のサイズをチェック。

そして、その後、インターネット上の店舗でそのスニーカーを購入。

そうする理由はネットの方が安いから。

今の消費者は買い物に対してかなりシビアなのです。

そして、多くの人はインターネットで買うのです。

買い物する前に多くのユーザーは検索する

たいていのユーザーは買い物をする前にYahoo!やGoogleのような検索エンジンで検索します。

あなたが普段、そうしているように。

つまり、Yahoo!やGoogleの検索結果というものは、何かを探している人の宝庫なのです。

そして、検索結果ページはそのユーザーが何を探しているのかが分かる場所でもあります。

なぜなら、検索する時に使う言葉にそのユーザーが探しているものが表れているからです。

たとえば、「横浜市 美容院」という言葉で検索しているユーザーは「横浜市の美容院」を探しています。

「黒千石豆 販売」という言葉で検索しているユーザーは「黒千石豆が変えるネットショップ」を探しています。

「東京 引越 安い」という言葉で検索しているユーザーはで「東京の安い引越業者」を探しています。

もし、あなたが横浜で美容院を営んでいるなら、「横浜市 美容院」という言葉で検索した時に自社のホームページを1ページ目の1番上に表示したい思いませんか?

それが瞬時にできるのが、Yahoo!リスティング広告スポンサードサーチ(検索連動型広告)なのです。

ヤフーの検索結果トップにテキスト広告を出して時間を買う

広告を使わずに、Yahoo!やGoogleの検索結果の上位表示を目指す「SEO」もありますが、「SEO」はなんといっても時間がかかります。

そして、不安定です。

上位表示されるかもしれないし、されないかもしれない。

そんな不安定なものにコストを使うべきではありません。

それだったら、サイトのコンテンツをもっと充実させることにコストを使うべきです。

一方、Yahoo!リスティング広告のスポンサードサーチ(検索連動型広告)を使えば、かならず狙った言葉で検索された時に上位表示できます。

しかも、広告がクリックされたら支払いが発生するので、無駄な広告費を使わずに確実に自社のホームページにユーザーを誘導させることができるのです。

「高額なバナー広告に出稿したけど、ほとんどアクセスが来なかった・・・」なんてことはないのです。

Yahoo!リスティング広告スポンサードサーチ(検索連動型広告)の場合、広告費が増えたということは、買ってくれそうな見込み客がたくさんホームページにやってきたということです!

そして、広告を出稿した時点でヤフーの検索結果トップにテキスト広告を出せるので、時間がかかるSEOと比べて圧倒的に早く効果を確かめることができます。

まさに、「時間を買う」という発想です。

1日の広告費の上限も設定できますし、とにかく既存の広告に比べて圧倒的に安く広告が出せます。

また、「どんなキーワードが儲かるキーワードとなるのか?」などのテストマーケティングにも使えます。

もし、あなたがスポンサードサーチ(検索連動型広告)をやっていないのなら、ぜひ今日から始めて下さい。

Yahoo!リスティング広告のスポンサードサーチ(検索連動型広告) »

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加